こんにちは、ムラカミです。

先日、奥さんからの依頼で、ご主人の浮気調査を行いました。

 

奥さんは友人と一緒にご主人を尾行して、浮気相手のアパートを突き止めたそうです。

その時に、ご主人は近くの有料駐車場に車を止めて、女性のアパートに入っていることがわかりました。

ご主人は少し後ろを気にしていたそうですが、女性のアパートに入るのはやめなかったそうです。

尾行を確信していたらやめたと思いますが、半信半疑だったのでしょう。

奥さん達が上手かったのか、ご主人が鈍感だったのかはわかりませんが、ばれなくて本当に良かったと思います。

 

奥さんがご主人に浮気のことを話すと、「ごめん、もう行かないから。」と意外にもあっさり謝ったので、そのときは許すことにしました。

しかし、3週間が経った頃、また帰りが遅くなり始めたそうです。

帰りが遅い日に、奥さんが浮気相手のアパートの近くの駐車場を見に行くと、ご主人の車は止まっていませんでした。

周りにも有料駐車場があったので探してみると、100mも離れていない駐車場でご主人の車を見つけました。

一度見つかっているので、場所は変えたのでしょうが、探されるとは思っていなかったようです。

 

奥さんは、また話しをしても同じことの繰り返しになると思い、今回依頼に来られました。

調査は、浮気相手のアパートがわかっているので、ご主人が出入りするのを撮影すると同時に、浮気相手の勤務先なども調べていきます。

 

調査の結果、浮気相手は同じ勤務先の女性であることがわかりました。

そして、4回アパートの出入りを撮影して調査を終了。

ご主人はアパート近くの駐車場に止める前に、尾行を気にしていたようですが、誰もついてきていないのを確認してから、車を止めていました。

一度怪しまれてしまうとなかなか証拠が撮れなくなってしまうものですが、今回は運良く撮ることができました。

 

今回のご主人は、浮気していることにほとんど罪悪感を感じていないと思います。

簡単に認めて謝っていますし、またすぐに浮気を再開しているので、悪いことをしているという意識がないのでしょう。

奥さんは、「一度でやめなかったので、2人とも、とことん追い詰めてやろうと思います。」と言われていました。

一度見つかったのにまた浮気をするのは、全く反省をしていませんし、また謝れば許してくれると思っています。

離婚の話は出なかったので、すぐに離婚とは考えていないでしょうから、今のうちに早めに手を打ったほうがいいでしょう。

 

こんにちは。松島です。

昨日、相談に来られた奥さんがこんなことを言われました。

 

なんでも、ご主人の浮気に気が付いたきっかけは、子どもたちの一言で、

「お父さん、女がいるよ。きっと。だってスマホあやしいもん。」

それにびっくりして、ご主人のスマホをこっそり見ると、女性とのやり取りが・・・。

 

ご主人に問い詰めようと思いましたが、勇気を持てず、しばらく様子を見ていました。

そうすると行動も怪しいので、ついに友人に相談しました。

 

相談をした友人には、「それは、絶対に浮気しとるじゃろ!」と言われたそうです。

そこで、その友人と一緒に相談にこられました。

 

奥さんは、ご主人と女性のラインのやり取りの写真を見せてくれました。

 夫『もう、お前がいない人生は考えられない。』

 女性『はやく一緒に暮らせる日を楽しみにしてる♡』

 などなど、誰が読んでも浮気を通り超えて本気の内容…。

 

奥さんは「どうですか?やっぱり浮気してますかね??」と質問されたので、私は正直に「ええ。浮気は120%間違いないでしょう。」と答えました。

 

すると、奥さんはびっくりした顔で、

「えー?100%越えですか!? せめて99%って言ってほしかったです。だって、1%でも違うって信じたいじゃないですか~。」とのこと。

 

確かに、信じたい気持ちも分かります。見て見ぬふりをするのも一つの選択かもしれません。

でも、ここまでの状況であれば、自分の為にも子供たちの為にも、事実を受け止めて前に進むべきだと思います。

 

こんにちは、ムラカミです。

 

ご主人から、「妻が浮気していて、自分が留守のときに、浮気相手が自宅に来ているようです。」と相談がありました。

ご主人と奥さんは、分譲マンションに2人暮らし。

ご主人は輸入雑貨のバイヤーをしているので、長期間の海外出張があるそうです。

 

調査は、ご主人が海外出張に行っている間の2週間行いました。

マンションの出入りを確認するのは、外部から部屋の玄関が見えるかどうかが鍵になります。

部屋の出入り口が見える場所がないか探すと、少し離れた立体駐車場の屋上から部屋の出入り口が見える場所が見つかりました。

まずは一安心、これで見逃す心配はありません。

 

調査開始当日、ご主人が出張のため、自宅マンションから出て行きます。

張り込むこと2日間、奥さんは会社と自宅の往復で、特に変わった動きはありません。

また、マンションに出入りするのは奥さんだけです。

しかし、3日目にやっと動きがありました。

午後8時、ご主人とは違う男性がマンションに入っていきます。

その日、男性はマンションから出てこず、奥さんと一夜を共にします。

そして翌朝、男性がマンションを出ます。

そのまま男性を尾行すると、奥さんと同じ会社に出勤するのを確認しました。

 

最初の2日間は動きがなかったものの、男性は週末の金・土・日にマンションに泊まっていました。

毎日宿泊しなかったのは、相手男性にも家庭があったからです。

 

調査結果を報告すると、「ショックです。相手の男性に慰謝料請求はしますが、妻に対しては、まだ愛情が残っているので、離婚するかどうかは今後の妻の態度で決めようと思います。」と言われていました。

 

調査をする前から、今後どうするのかを決めている方は少ないです。

今回のように、子供のいない夫婦でもすぐに離婚とはならず、まずは話し合いから始めることが多いです。

 

1 / 581232040...最後 »