証拠を撮るためには、我慢が必要です。

| 浮気に関する相談

こんにちは、ムラカミです。

 

さて今回のブログは、タイトルにあるように「証拠を撮るためには、我慢が必要」についてです。

 

どういう事かと言いますと、3ヶ月前に依頼に来られた男性のケースを例にお話します。

その男性は、以前から奥さんの行動が気になっていました。

 

奥さんは、休みのたびに出掛けるので、「ひょっとして浮気しているのかも・・・」と思い、調査依頼に来られました。

 

調査初日、奥さんは自宅を出て、近くの公園の駐車場で、浮気相手と思われる男性と待ち合わせ、「イオン倉敷」に2人で買い物に行きました。

その日は、買い物をしただけで男性と別れたので、決定的な証拠は撮れませんでした。

 

しかし、旦那さんはどうしても我慢できず、その日の晩に、「男と買い物に行ってただろ。」と言ってしまいました。

 

奥さんの言い訳は、「同じ勤務先の上司で、そんな関係じゃない!!」ということでした。

 

次の週も調査をしましたが、明らかに奥さんの動きがおかしくなっていました。

奥さんは車で自宅を出るなり、周りを見回したり、ぐるぐると細い路地を回ってみたり・・・。

後ろから誰かついてきていないか、確認するような動きをしていました。

 

結局その日は、そんな動きを繰り返していただけで、浮気相手と思われる男性とは会いませんでした。

 

もし、奥さんに浮気相手の男性と会っていることを言っていなかったら、決定的な証拠が撮れたかもしれません。

気持ちはとてもよくわかりますが、証拠を撮るためには我慢が必要です。