雪の日の調査

| 調査日記

こんにちは、ムラカミです。

 

先日、全国的に大雪が降り、交通機関は大混乱でした。

岡山県もここまで降ったのは、久しぶりではないでしょうか。

 

雪が降った次の日は、朝から浮気調査が入っていたので、2時間程余裕を持って調査現場に向かいました。

依頼をされた奥さんから、「さすがに今日の雪では動きが無いかもしれません。」とメールが届きましたが、ご主人は寒い雪の中、タイヤにチェーンを付け始めると、慎重な運転で自宅を出ました。

 

自宅を出たご主人の車は、瀬戸内市のあるアパートの駐車場に止まりました。

そして、車から降りると、コンビニで買った食料品を持ち、アパートの部屋に入っていきました。

 

ご主人は、そのアパートから昼間も全く出ることがなく、夕方にやっとアパートを出て、自宅に帰宅しました。

 

その後、そのままご主人が入っていたアパートを見ていると、同じ部屋から一人の女性が出てきました。

 

その女性は、アパートに止まっていた車に乗って、岡山市内にある病院に出勤しました。

病院の看護士だったようで、その病院は、ご主人の営業先でした。

1日でかなりの情報がつかめました。

 

奥さんにしてみたら、そこまでして浮気したいのかと思いますが、そういった日に限って動きがあることがあります。