調査はやり直しがきかないので、慎重に(その①)

| 浮気に関する相談, 調査日記

 

こんにちは、ムラカミです。

最近増えてきましたが、自分である程度調べてから、相談に来られる方がいます。

 

特に、スマホのロックを解除して、メールやLINEのやり取りから、情報を得る方が多いです。

中には、GPS端末を取り付けて、居場所を特定する方もいます。

そこで得た情報は、私たちが調査するのに大変役に立ちます。

ただし、探偵に依頼を考えている方には、これだけは絶対に注意していただきたいことがあります。

 

まずは、取り付けたGPS端末が見つからないことです。

男性であれば、機械やパソコンに詳しい方が多いので、問題ないかもしれませんが、自信がない方は、やめておいたほうが無難だと思います。

 

よくあるのが、車にGPS端末を取り付けていて、車の掃除や車検などで見つかることです。

実際にあったケースで、奥さんがご主人の車にGPS端末を取り付けていたのですが、たまたま車をディーラーに持っていき、GPS端末が見つかったことがありました。

当社に調査を依頼されていたので、奥さんにはGPS端末は取っておいてくださいとお願いしていたのですが。

 

この後のご主人の警戒具合ですが、もうほぼ尾行が無理な状態になりました。

24時間営業のスーパーに車を止め、そこから歩いて細い路地を右へ左へ。

 

そして、誰もついてきていないのを確認して、浮気相手の車に乗って行ってしまうのですから、プロでも難しい調査になります。

幸い、事前に浮気相手のことは調査でわかっていたので、浮気相手の行動を調査する中で、証拠を撮ることができました。

 

GPS端末を取り付けることは否定しませんが、絶対に見つからないように取り付けてください。

「まぁ、ここなら見つからないだろう。」と妥協してはダメです。

しつこいようですが、GPS端末を取り付けるなら絶対に見つからないように、少しでも不安があるなら取り付けないことです。

もう1点、注意事項がありますが、長くなるので、次の機会にします。