『探偵って特殊な仕事なんだなぁと、あらためて感じたことがありました。』

| 調査日記

こんにちは。松島です。

先日、夜中の調査の為に現場に向かっていたのですが、予定時間よりかなり早く着いたので、近くのコンビニで休憩していました。

すると、コンコンと窓ガラスをたたく音で目が覚め、見ると制服を着た警察官が1名、さらに助手席側にも2名、合計3名の警察官が立っていました。

 

私が窓を開けて「はい、なんですか?」と尋ねると、

警察官「近くでちょっとした事件があったもので、ここで何をされていますか?」とのこと。

私「あ、仕事の合間に休憩してました。」

警察官「もしよろしければ車内を見させてもらってもいいでしょうか?」

私「いいですよ。」

と言ったものの、後部座席には、カメラ機材と三脚が3つ、その他、普通の人が見たら何か分からないような機材が数点…。

 

警察官「あのー。失礼ですけど、お仕事は?」

こういった状況では、変にごまかしてもかえってあやしいので、

私「探偵です。柊探偵事務所の者です。」
と運転免許証を出しながら答えました。

すると、

警察官A「あ、柊探偵さんですか、これはこれはご苦労さまです。」

警察官B「へー。本物の探偵さんを始めてみましたよ!!夜中の張り込みですか??」

私「ええ、ちゃんと探偵っていますよ(笑)」

その後は、3分ほど調査や張り込みの世間話があって、「それでは失礼しました。」とパトカーに乗り込み、駐車場を出ていきました。

 

警察官から見ても「探偵」ってびっくりされる職業なので、依頼をされる方から見たら、本当に特殊な別世界の職業なんだろうなと、あらためて感じた出来事でした。