『探偵の運転技術ってすごいの?』

| 調査日記

こんにちは。調査担当のムラカミです。

 

よく知人に質問されますが、実際の調査では、映画のようなカーチェイスやバトルは、はっきりいって、ありません。(^_^;)

たまに国道2号バイパスをサーキットと勘違いして、かなり危険な運転をする車がいますが、探偵にはそんな運転はいっさい必要がありません。

 

では、どんな運転をするのかといえば、『安全に』 『スムーズに』 『落ち着いて』が基本です。

まるで交通標語に出てきそうな言葉ですが、本当にそうなのです。

 

もちろん、運転技術を向上させる為に、日々訓練をしますが、どんな訓練をするかというと…

「縦列駐車の練習」

「狭い通路での切り返しの練習」

「どんなパーキングでも、スムーズに1回で、

しかもキレイに駐車する訓練」

「どんな状況でも慌てて発進したり、

慌てて車線変更しない訓練」

などなど、皆さんがいちどは教習所で習う、ごく基本的な運転技術です。

 

あえて、運転時の特殊技術といえば、とっさの時に、道を譲ってもらう為の『笑顔』でしょうか…(^_^)

急ハンドル、急発進や、ウルトラCの運転技術より、「安全にスムーズに落ち着いて運転する技術」が調査では必要です。