こんにちは、柊探偵です。

調査と報告が終わり、依頼者の方と談笑していると、「探偵の仕事って大変ですか?」と聞かれることがあります。

「そうですね。」と答えますが、世の中には探偵より大変な仕事は沢山あると思っています。

 

探偵の仕事は、とても不規則だったり、かなり長時間、同じ場所で張り込みをしたりと、いろいろと大変なことはあります。

しかし、他の仕事でも大変なことは必ずあります。

 

では、探偵は誰でもできるのかといったら、そうではないと思います。

 

よく言われるように忍耐強いことは、他の仕事よりも必要かもしれません。

 

調査は、学べる環境と普通の学力があれば出来るようになっていくと思います。

だからといって、簡単に調査ができるようになるわけではなく、辛かったり、困難な状況だったりする中での体験の積み重ねが必要です。

 

どんな状況でも結果が求められ仕事なので、続けることは大変かもしれませんね。

 

こんにちは。柊探偵です。

先日依頼に来られた奥さんが、こんなことを言っていました。

 

「主人のお母さんに、『息子が家を出て行ったのは、あなたのせいよ。生活費を入れてもらってるだけありがたいと思いなさい!!』と言われたんですけど、やっぱり感謝しないといけないんでしょうか?」

 

このような話は意外とよく聞きます。

 

浮気をして、勝手に出て行ったのはご主人の方です。

それなのに、「生活費をいれてるから感謝しろ!」とは、どんでもない話です。

 

このような事を言う義母は、自分自身も苦労して結婚生活を続けてきたのだと思います。

それは、すごいことなのですが、

「私も苦しい思いをしたんだから、あなたも我慢しなさい」

って、お嫁さんにも我慢を強要させることがあります。

 

また、言われた奥さんもまじめな人なので、

「やっぱり私が悪いのかも。お金を入れてもらえるだけありがたいのかな・・・。」

と思って、自分を責めてしまう人が多いです。

 

家族は、お互いに支えあって生きていくものです。

それは、お金だけではなく、精神的にもです。

 

「生活費さえいれておけば、文句ないだろ」というのは、ほんとうに身勝手な考え方なので、奥さんが気持ちで負けないようにして下さい。

 

こんにちは、柊探偵です。

奥さんから、夫が家出をして帰ってこないと相談を受けました。

実家にも帰っていない、携帯電話も繋がらないので、連絡が取れないとのことでした。

 

今のところ手がかりになるのは、勤務先のみです。

勤務先に夫の車があれば、それを尾行して行き先を特定できると判断し、調査を受けました。

 

そして調査当日、勤務先の駐車場に夫の車が止まっているのを見つけました。

 

午後6時、勤務を終えた夫が車に乗り、駐車場を出ます。

車2台で尾行します。今回の状況から警戒していることは充分考えられます。

 

10分後、夫はあるスーパーに寄りました。

しかし、全く車から降りません。5分後、夫は車から降りることなくスーパーの駐車場を出ます。

 

その時、ほぼ同時に駐車場から動き出す白い軽自動車があり、夫の車の数台後方からついていっているようです。

「同業者か?」とこちらに緊張が走ります。

 

そして夫の車は、また別のスーパーの駐車場に止まります。

その後方には、先ほどの白い軽自動車が止まっています。

 

白い軽自動車の運転席には女性が乗っているのを確認。

その女性は夫を中心に、やたらと周りを気にしています。

 

10分ほど同じ行動を繰り返し、夫の車と白い軽自動車が駐車場を出ます。

 

その2台の車が行き着いた先は、とあるアパートの駐車場。

2人は車から降りると、同じ部屋に入っていきました。

 

おそらく、尾行されていないか確かめていたのでしょう。

調査をしていると、こういった人たちは普通にいるので、あまり驚きませんが、依頼者にそのことを話すととても驚いていました。

 

夫の行き先もわかり、同居している女性がいることもわかったので、一日でかなりの情報を得ることができる調査になりました。