こんにちは、ムラカミです。

 

奥さんから、「夫が浮気相手のアパートの鍵を持っています。」と相談がありました。

奥さんが浮気に気付いた理由は、「かぎ」でした。

ある日、何気なくご主人の鍵を見ると、見知らぬ鍵が付いているのを見つけます。

気付かれないように、その鍵を手にとってよく見ると、アパート名と部屋番号が書かれているシールが貼ってあります。

奥さんは、そのアパート名をネットで検索すると、賃貸情報からアパートの場所が特定できました。

そして、ご主人が仕事の間を見計らってアパートを見に行くことにしました。

 

奥さんがアパートに着き、玄関やベランダから部屋を覗き込みます。

しかし、浮気に関する手がかりはなく、諦めかけて帰ろうとした時、郵便ポストに目が止まりました。

隙間からポストの中を覗くと、女性の名前で郵便物が来ています。

ある程度予想はしていたものの、現実を自分の目で見て相当ショックを受けたと言われていました。

ご主人は過去にも2回浮気したことがあり、今回3回目なので決定的な証拠を押えるしかないと思って依頼に来られたそうです。

 

そして調査の結果、ご主人はそのアパートに2時間寄ってから帰宅していました。

アパートに住んでいたのは、同じ会社の若い女性であることがわかりました。

 

しっかりと不貞の証拠を揃えた後、奥さんは直接ご主人に話をしました。

すると、いきなり人が変わったように怒りだし、最後はキレて家を飛び出したそうです。

ご主人が家を飛び出しても、奥さんは慌てることなく、「行き先はもう分かっているし証拠もあるので、今後のことを考えます。」と言われていました。

 

こんにちは。松島です。

いま調査を受けている奥さんからの相談なのですが、夫の鞄を探っていたら、浮気相手との手紙が出ていたということです。

 

内容は、「尾道ドライブ、楽しかった!また、行こうね。ありがとう♥」という短い内容でした。

「これって、証拠になりますか?戻した方がいいですか?」という事なのですが、まず、この程度の内容でしたら、「不貞の証拠」にはなりません。

 

手紙を見せて「これ、何?どういうこと!」と問い詰めたとき、素直に認める人ならいいでしょうが、そうでないなら決定的な証拠をつかむまでは動かないほうがいいです。

 

ただ、調査を依頼しようか迷っている人の場合は、思い切って「手紙を見たわ!」と、ご主人に話をしてみるのもいいかもしれません。

それで、素直に認めるのか、認めずにこっそり交際を続けるのか、最悪、キレて離婚を言い出すのか…などなど、ご主人の考えていることが分かると思います。

 

その態度を見て、決定的な証拠が必要なのかどうなのか、探偵に依頼した方がいいのかどうか、判断してみても良いと思います。

 

こんにちは。松島です。

昨日、ご主人の浮気調査を依頼された方は、「実は、紹介なんですけど…。」ということで相談に来られました。

詳しく話を伺ってみると、5年前に柊探偵事務所に依頼された方からの紹介ということでした。

 

その方は、「当時は、私の方が相談に乗っていたのですが、今になって、まさか自分が同じことになるとは…。」と言われました。

そこで、「たしか探偵に調査を依頼をしたって言ってたけど、どこだったっけ?」という事で、今回久しぶりに連絡を取ってみたそうです。

「いまさら連絡して、当時のことを聞くのもどうかと思ったんですけど、その方が『あれから離婚にはなったけど、子供たちと幸せに暮らしているよ』と電話で笑い声を聞いて、とても安心して嬉しくなりました。」と言われました。

 

私たちは、調査だけではなく、その後の相談やアドバイスまでしますので、依頼された方が、その後どうなったのかなと気になります。

その方も、当時はとても苦しかったでしょうが、今現在、幸せに暮らしていると聞いて、私達もとても安心しました。