『この写真は、どうやって撮ったんですか?』

| 調査日記

こんにちは、柊探偵です。

 

調査が終わると、調査日の内容が一目でわかるように、写真と文章入りの冊子(報告書)で報告します。

 

その際、報告書を見た依頼者の方に、「この写真は、どうやって撮ったんですか?」とビックリしてよく聞かれることがあります。

 

写真を撮ることが一番の仕事なので、当たり前なのですが、写真の撮り方にこだわっています。

誰とどこでなにをしているのかが、はっきりわかるように写真を撮るように心がけています。

 

特に浮気の証拠を撮るときは、今でも緊張します。

 

何時間も張り込みをして、撮影するタイミングは一瞬なので、その一瞬を逃さないようにとても集中しています。

また、用心に用心を重ね、撮影するカメラも2台以上は準備しています。

 

同じ場面を撮影するチャンスは二度とないので、失敗がないように確実に撮影しています。

 

性能の良いカメラを使うことも大切ですが、それ以上に、カメラを使う人の能力が重要だと思っています。

 

誰にもマネできない、同じ探偵でも追いつけないような、そんな仕事をしてこそ、プロだと思って取り組んでいます。