今までで大変だった尾行調査(前編)

| 調査日記

こんにちは、柊探偵です。

 

これまで、大変だった調査はたくさんありますが、今回は、その中でも特に印象に残っている尾行調査を紹介します。

 

いまから6年ほど前のことですが、奥さんからの依頼で、ご主人の出張が本当かどうかを調べる依頼を受けました。

 

予定では、ご主人は朝6時頃に自宅を出て、自分の車で県外に出張ということでした。

 

調査当日、私と同僚の二人は、自宅付近で張り込んでいました。

ご主人は予定通り、早朝、車に乗って自宅を出発しました。

どこに行くのか、予想を立てながら尾行していましたが、ご主人の向かった先は、「JR新倉敷駅」でした。

 

ご主人は、駅近くのパーキングに車を停めると、荷物をもって改札口に向かいます。

そして、財布からサッと乗車券を取り出すと、そのまま改札口を通過してしまいました・・・。

 

私は、慌てて改札口にいた駅員さんに尋ねると、『○△駅までの切符でしたよ。』と教えてくれました。

(もちろん、聞き方にはコツがあります。)

 

そこで、私たちも「○△駅」までのキップを購入して、新倉敷駅から新幹線に乗車しました。

ここから大変なのは、駅に着いた後です。

 

徒歩、タクシー、女性の車での迎え・・・、いろいろなことが想定されます。

 

ご主人は、駅に到着すると改札口を抜け、あてもない感じで駅前の商店街をゆっくりと歩き始めました。

しばらくすると、商店街の中にあるパチンコ店に入りました。

 

これは、女性と会うまでの時間潰しだろう思い、私は駅前のレンタカーで急いで車を手配しました。

(交通量が少なく、すぐにタクシーを拾えない可能性が高いためです。)

 

私たちは、パチンコ店の中と裏口(車)に別れて、出てくるのを待ちました。

 

そして、待つこと2時間・・・。

 

ご主人が時計をチラチラ気にし始めたので、そろそろ動きがあるな!と思っていると、急に席を立ち、パチンコ店の裏口から店を出ました。

ご主人は、パチンコ店の裏通りで、キョロキョロ周りを見渡すと、手を上げてタクシーを拾いました。

私たちもレンタカーでタクシーを追跡です。

ここで見逃すわけにはいきません!!

知らない街での尾行に、ハンドルを握る手に少し力が入ります…。

 

少し長くなるので、この続きはまた次回に更新します。