『妻が浮気を認めたけど、証拠は必要ですか?』

| 浮気に関する相談

こんにちは。柊探偵です。

 

タイトルにあるような相談を受けることがあるので、今回は実際にあった事例をもとに書いていきます。

 

半年前に、相談にこられたご主人のケースです。

ご主人は、休日に外出が多くなった奥さんの行動があやしいと思い、こっそり携帯メールをみて、奥さんの浮気に気がつきました。

 

メールを見たご主人は、カッとなって、その場で奥さんを問い詰めました。すると奥さんは、あっさり交際を認めました。

 

しかも奥さんは、浮気は今回で2回目だそうです。

もう耐えられなくなったご主人は、離婚すると決意しました。

 

しかし、奥さんは、話し合いでは浮気を認めているものの、いざとなったら否定するかもしれないと思い、証拠を押さえた方がいいのか迷いながら相談に来られました。

 

アドバイスとしては、まず奥さんは、今回で浮気は2回目です。

それは、完全にご主人の事をなめていると思います。

「もしばれたら、泣いて謝っておけば許してくれるだろう。」くらいに考えています。

 

ですから、今回、ご主人が本気になって離婚や慰謝料を言い出すと、慌てて否定することが予想されます。

相談に来られたご主人も、そうなることも十分にあると思い、調査を依頼されました。

 

調査の結果、奥さんは5歳年下の男性と浮気をしていました。

報告書を手にしたご主人は、さっそく奥さんと離婚の話し合いを始めました。

 

ご主人が「お前とは離婚して、相手の男性に慰謝料を請求する。」と伝えると、予想通り奥さんは慌てて否定し始めました。

 

ご主人:「この間は、浮気を認めたじゃないか!!」

 

奥さん:「あなたに脅されて、浮気したとウソを言ってしまったのよ!!」

 

そして、最後には、

 

奥さん:「浮気は絶対ないから、なんなら証拠をだしてよ!!」

 

と逆ギレ状態でした…。

 

ご主人は、夫婦だけでは話し合いが出来ないと思い、弁護士に依頼して調停で話し合いをすることにしました。

調停でも、奥さんは浮気を否定し続けましたが、その時に初めて証拠を見せると、ようやく浮気を認めたそうです。

 

話し合いの時点で、浮気を認めていても、いざ離婚や慰謝料(お金)の話になると、急に手に平を返したように、否定する人は多いです。