浮気がバレた時の、あきれる言い訳…。

| 浮気に関する相談

こんにちは。柊探偵です。

8月も、バタバタと仕事をしていたら、あっというまに9月半ば・・・(;^_^A

朝晩は、もう秋を感じますね。

 

車内での張り込みは、かなり楽になりました。

 

さて、今回のブログは、浮気がバレた時の、あきれる言い訳です。

浮気が発覚して問い詰められた時、あっさり認める人と、なかなか認めない人がいます。

また、認めない人は、いろいろな言い訳をしますが、その中でも印象的だったのを紹介します。

 

以前、ご主人の浮気調査の依頼に来られた奥さんは、最初の相談中に、何度もこう言われました。

奥さん「主人は、決定的な証拠がないと絶対に認めません。」

「過去にもあったのですか?」

奥さん「はい、何回か疑わしいことはありました。でも、その度に証拠はあるのか!と言われて・・・。もう今回は、動かぬ証拠がほしんです!!」 

 

そして、調査の結果・・・。

ご主人はある女性と交際していて、ホテルに行った事実も判明しました。
 
証拠を手にした奥さんは、ここぞとばかり、ご主人を問い詰めました!

しかしご主人は、「女性を家まで送っていた途中で、女性が気分が悪くなったので、たまたま近くにあったホテルに入って休んでたんだ!!」と言い逃れ・・・。

それを聞いた奥さんは、あきれて言葉が出なかったそうです(Θ_Θ;)

 

実際は、2週間の調査期間中に、同じ女性と3回もホテルに行った証拠があったので、その言い訳はまったく通じませんが、「謝らない」、「認めない」、「すぐ怒る」、こんな人には、証拠がたくさんあった方がいいと思います。