『アパートなら、自分で撮れそうなのでやってみます。』

| 調査日記

こんにちは、柊探偵です。

別居中の、夫の行き先を調べて欲しいと、奥さんから依頼を受けました。

 

調査の結果、ご主人は女性のアパートに行っているのが分かりました。

 

それを奥さんに報告すると・・・。

 

「アパートの出入写真なら自分で撮れそうなので、わたしやってみます!!」と言われました。

 

そして2週間後・・・。

 

奥さんから「やはりだめでした、お願いしてもいいですか?」と連絡がありました。

私は、「その時の状況を聞きたいので、話を聞かせて下さい。」と言い、会うことになりました。

 

その時の様子はこうでした。

 

奥さんはレンタカーを借り、ビデオカメラを持ち、子供を実家に預け、さぁ、準備万端!!とアパートで待っていたそうです。

すると午後8時、夫の車がアパートの駐車場に止まり、車から降りた夫は部屋に向かいます。

 

奥さんは慌ててビデオカメラを用意しましたが、辺りは真っ暗で撮れなかったそうです。

 

しかし、そこでめげずに、翌朝、アパートから出てくる夫を撮影しようと、奥さんは再びアパートで張り込みをしました。

 

そして、午前7時30分、夫がアパートの部屋から出てきました!!

 

奥さんはまたまた慌ててビデオカメラを用意し、夫を撮影しようとしましたが、それに気がついた夫が、なんと奥さんのレンタカーの方に向かってきました!!

奥さんは大慌ててで車を出し、追ってくる夫から逃げました。

 

これでは、夫には張り込みしていたことが完全にばれていますよね。

 

この程度なら、当社が依頼を断ることはありませんが、やはり相手が警戒しているのでプロでも時間がかかります。できることなら最初から任せてもらったらと思います。

しかし、奥さんからこの話を聞いて、なんだか自分が探偵になりたての頃を思い出しました。