行楽シーズンは、浮気調査の依頼が多いです。

| 浮気に関する相談

こんにちは、柊探偵です。

浮気調査の依頼は、3月~4月から夏に向けてが一番多いです。

 

先日、「夫が家出をして、帰ってこなくなりました。」と奥さんが相談に来られました。

こういった場合は、大抵女性関係で間違いないです。

女性のアパートやマンションで同棲を始めたり、自分でアパートを借りていることもあります。

ご主人の言い訳は、「しばらく別居したいから、実家に帰る。」となんともいい加減なものでした。

奥さんから話を聞くと、ご主人は何度か転職していて、別居前と同じ勤務先かどうかわからないということでした。

 

奥さんから依頼を受け、勤務先を確認しますが、夫の車はありませんでした。

深夜に夫の実家を確認に行きますが、こちらにもやはりいないようです。

 

奥さんに、「離婚の話をしたいと言って、呼び出すことはできますか?」と聞くと、「それは大丈夫と思います。」とのお返事。

そして、とある喫茶店にご主人を呼び出すことにし、話が終わって奥さんと別れた後、尾行することになりました。

 

待ち合わせ時間より30分前にスタンバイします。

まずは奥さんが到着し、店内に入っていきます。

それからしばらくすると、歩いて店内に入る男性が1人。

その男性は、奥さんと同じテーブルに座り、話を始めたので、ご主人です。

 

どうやら、車を別の場所に置いて、歩いて来たようです。

相当警戒していることが予想されるので、まずは止めている車を探します。

そして探すこと20分、近くのスーパーの駐車場で夫の車を発見しました。

 

1時間後、奥さんとの話が終わり、ご主人が店内から出てきます。

ご主人は、奥さんが車で出たのを確認し、ゆっくりとスーパーへ歩き始めます。

やはり相当警戒しているようで、後ろを気にしているようです。

ご主人がスーパーに止めてある車に乗り、駐車場を出ます。

慎重に尾行した結果、あるマンションに入っていきました。

 

その後の調査で、予想通り女性と一緒に生活していることがわかりました。

別居して居場所を言わないのは、浮気が原因であることがほとんどです。