『探偵にとって、夏は一番つらい時期です。』

| 調査日記

こんにちは、柊探偵です。

暑い日が続いて、探偵にとっては一番辛い時期になりました。
今回は、以前調査して大変だった話です。

 

奥さんからの依頼で、ご主人の浮気調査をしていました。
5回調査して、毎回女性と会いましたが、決定的な証拠を掴むことはできませんでした。

 

奥さんは、もう諦めようとしていましたが、近々飲み会があって、友人の家に泊まるとご主人が言っていたので、その日だけ調査することにしました。

 

調査当日、ご主人を自宅から尾行すると、飲み会のある居酒屋に行きました。
店内を確認すると、ご主人は男性4人で飲食していました。

 

そして2時間後、ご主人が一人で店内から出てくると、早足で近くに止まっていた女性の車に乗り、その後、ご主人と女性は、コンビニに寄ってすぐにホテルに入りました。

二人は、コンビニでパンやおにぎりを買っていたので、泊まることは予想できましたが、大量に買っていたので嫌な予感がしました。

 

さて、肝心の証拠写真の撮影ですが、夜中に出る可能性もあるので、ずっとホテル内で張り込みします。

翌朝の午前10時、チェックアウトの時間ですが、二人は出てきません。

さらに正午を過ぎますが、二人は出てきません。

この辺りから、嫌な予感が確信に変わります。

そのまま時間は過ぎて夜10時半、入室から24時間が経過したとき、やっと二人が出てきました!

 

飲み物やトイレは、調査前に準備していますが、特にホテル内での張り込みは、全く身動きがとれないので大変な調査になりました。

調査したのが5月だったのでまだ大丈夫でしたが、今の時期はこれだけ暑いと長時間の張り込みは無理なので、工夫して調査しています。