【上手な依頼の仕方】

 

第二話 料金について。

●一番重要な料金の支払い方法。

調査料金に関する一番の注意点は、『調査料金の支払い方法はどうなっているのか?』をしっかり確認することです。

 

これは、当社のホームページにも載せていますが、本当に多いトラブルなので、ちょっとしつこいようですが、ここでも書いておきます。

 

この業界は、調査料金は『全額前払い』というのが常識なのですが、そこに問題があるのです。

調査会社でのトラブルの多くは、「調査料金に関する事」「調査内容に関する事」の2点です。

 

「先に調査料金を全額前払いし、その後、担当者と連絡が全く取れなくなる。」ケースや、「先に料金を振り込んだが、ちゃんとした報告書がなかった。」というトラブルが非常に多いのです。

 

本来、ちゃんとしたレベルの高い調査をし、結果を出すプロであるならば、『調査料金は後払い。』が当然のことだと考えます。

(調査終了後に報告書をみて、納得してから料金を支払う。)

 

「万が一、対象者を見失うなどの調査を失敗した場合、料金は頂かない。」という姿勢は当然であって、「調査結果に満足してもらえなければ、料金は頂かない。」ということが本来の姿だと思います。

 

逆に言うと、高い調査力を持っている探偵事務所であればこそ、「調査結果に満足してもらえなければ料金は頂かない。」という姿勢を貫けるのです。

 

このように、『料金の支払方法』は、『調査会社の姿勢』や『調査力』をしっかりと判断できる大きなポイントになるのです。

 

【上手な依頼の仕方】

 

第二話 料金について。

●料金体系ってどうなってるの?

「調査料金ってどうなってるんですか?」こういった質問をよく受けます。

 

確かに、普段目にすることがない業界ですから、調査料金ってどうなってるのかワカリマセンよね。

私も、インターネットなどで調べてみますが、正直、さっぱり分かりません。

まるで携帯電話の料金プランみたいで、わざと分かりにくくしている気もします…。

 

「では、いったいどうしたらいいの?」という質問を受けそうですが、一番重要なことは、結局、トータルでいくらかかるのか?ということなのです。

 

つまり、自分の希望する調査を依頼した場合、最終的にはいくら必要で、それ以外に本当に料金がかからないのか?

調査以外に、経費、機材費、報告書作成料などなど、調査が終わった後から、「実は、報告書が必要な場合は、別途料金が必要でして…」などということがないかどうか。

 

契約をする前に入念に確認しなければいけません。

 

ポイントは、基本料金○○円~というような、見た目の安さではなく、結局、最終的にはいくらかかるんですか?ということが大切です。

 

【上手な依頼の仕方】

 

第一話 基本のキホン。

●まずは探偵社を下見しましょう。

探偵社に依頼をしようと思ったとき、まず何からはじめたらいいか?これはみなさん、悩むと思います。

このページをご覧になっている方は、当然インターネットを利用されているわけですが、探偵社を検索したら、本当にたくさんの業者で出てきて迷ったと思います。

実際、調査会社によって、調査のレベル、調査の料金など、かなりバラつきがあります。

 

私もこの中から良い探偵社を選ぶとなれば、正直、ムズカシイです。

 

しかし、調査結果によっては人生を左右することになる可能性もあるので、安易に決めずに、じっくりと選ぶことが大切です。

では、その第一歩として、オススメの方法をご紹介します。

 

まずは、「実際に探偵社の事務所を下見に行くこと。」

 

依頼をしようと考えている地域に、実際に事務所があるところを選ぶほうが良いです。

「事務所がちゃんとあって、責任の所在がハッキリしている。」から…といったことは、あたりまえのことなのですが、

浮気調査などの、「尾行」「張り込み」が必要な調査は、その現場の土地勘がかなり重要になります。

調査を成功させる裏側には、入念な下見と、どれだけ地域を知っているかは大切なポイントです。

 

では、「ホームページやインターネットで、住所が載っていたら安心か?」

 

残念ながらそれだけでは、事務所が本当に存在するかどうかわかりません。

まず、相談してみようと考えている探偵社を実際に行って下見をしましょう。

 

実際に行ってみると、住所がなかったり、事務所が存在しなかったり、事務所があっても、まったく別の仕事と兼業で探偵を営んでいたり…。

ちょっと事務所を見に行く程度で、かなりのリスクは避けられます。

 

いきなり電話をする前に、まずは必ず事務所の下見に行きましょう。